デリケートゾーンの黒ずみクリームの副作用と注意点

デリケートゾーン 黒ずみクリーム 副作用

デリケートゾーンに黒ずみクリームを塗ったら、ただれたりしそうで怖い。

黒ずみクリームって黒ずみを消すくらいだから効果が強力そうだし、副作用なんかが怖いですよね。
そんな不安をお持ちのあなたのために、黒ずみクリームの副作用って本当にあるのか、あったとしたらどんなものなのかを調べました。

この記事を読めば、安全な黒ずみクリームを選ぶことができるようになります。

また、当サイトがおすすめする安心安全の黒ずみクリームもご紹介しますので、その中からご自身に合ったものを選ぶこともできます。

安全な黒ずみクリームを使えば、安心して黒ずみケアすることができますよ。

デリケートゾーンに黒ずみクリームを使ったら副作用はあるの?

副作用が絶対にないと言い切れる黒ずみクリームはありません。

なぜなら、化粧品・医薬部外品・医薬品は複数の成分でできており、ひとつだけではなく複数の作用があるからです。

目的に対しての作用を「主作用」といい、「主作用」以外の作用が働くことがあり、これを「副作用」といいます。

たとえば、黒ずみクリームには黒ずみを解消する主作用があり、副作用の例としてかゆみが出ることがあります。

作用はその人の体質・体調・免疫力などによって個人差があります。
特に、デリケートゾーンは皮膚が薄く、敏感な部分なので、主作用だけでなく、副作用も起きやすい部分でもあります。

とはいえ、副作用が起きにくい黒ずみクリームがあるので、副作用に関してそれほど心配する必要はありません。

重要なのは副作用が起きやすい黒ずみクリームは使わないことです。

選んではいけないデリケートゾーンの黒ずみクリームの特徴

副作用が起きやすい黒ずみクリームの特徴をお伝えします。

【副作用が起きやすいものの特徴】
ハイドロキノンが入っている
アルコールが入っている
・市販のもの
・デリケートゾーンへの使用を明記していない

特に注目してほしいのはハイドロキノン。
ハイドロキノンは医薬品で、副作用が起きやすいものです。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンの副作用には次のようなものがあります。

アレルギー症状
赤み
かゆみ
痛み
色素沈着
皮がむける
皮膚炎
白斑

ハイドロキノンを処方してもらうためには、病院に行って診てもらう必要があるので、ちょっとハードルが高いですよね。

診てもらうには、アソコをお医者さんに見せなければいけませんし、診察料や薬の代金は高額になってしまいます。
何度も病院に通うのも時間がもったいないです。

また、医薬品なので効果は高いですが、使用するのをやめると元に戻るのもネック。

特に、アレルギーをお持ちだったり、敏感肌だと副作用も出やすいので、効果が高くてもハイドロキノンは避けて、黒ずみクリームを使うことをおすすめします。

副作用が起きにくいおすすめのデリケートゾーンの黒ずみクリーム

副作用が起きにくいおすすめのデリケートゾーンの黒ずみクリームをご紹介します。

ハーバルラビット

イビサクリーム

ヴィエルホワイト